印鑑の種類|実印と銀行印、シャチハタ等のはんこの用途は?

印鑑
普段何気なく使っているはんこには様々な種類があり、使いどころはそれぞれで異なります。私用のはんこはもちろん、企業にも様々なはんこがあるので、あまりはんこについての知識が無いという方は、この機会にはんこの使い道について学んでみてください。

 

重要な実印の存在

 

はんこの種類を挙げる上で、特に重要なはんこを挙げるとするなら、実印以外にはありえません。実印は自らの存在や企業の存在を、社会的に認めてもらうために必要となる印鑑で、好きな土地で暮らしたり、起業するためには実印の登録が必要となります。実印として登録することが出来るのは一つだけで、複製も出来ないように安いシャチハタなどは使わず、丸印や角印を使った本格的な手彫りの印鑑を使用することになります。

 

様々な種類がある銀行印

 

普段使う印鑑としては、実印よりも銀行印のほうが出番は多いでしょう。銀行印は銀行口座の開設に使われる印鑑で、これがないと口座登録が出来ませんし、お金を下ろすことも出来なくなってしまいます。銀行印は口座ごとに用意するパターンと、一つの銀行印を共有するパターンがありますが、口座ごとに用意すると管理が面倒になり、共有すると無くしたときにすべての口座で銀行印の再登録をしなければならないなど、お互いにリスクがあるので、どういった使い方をするか、自分が優先したい点から選んでみてください。

 

シャチハタなどの印鑑

 

宅配便の受け取りなど、それほど重要じゃないものに使う印鑑は、銀行印などのように本格的なものは使わず、その辺のお店で買える100円程度の商品で十分です。使用目的によっては、普通の印鑑のようなものではなく、はじめからインクが付いてるシャチハタなどを使うと、すぐに印鑑を押すことが出来て便利ですし、複数用意しておくと、使用目的に応じて使う分けることも出来ます。 印鑑は使い分けが肝心です。ほんのちょっとしたやり取りのたびに実印を使うのは危険ですし、シャチハタのような偽装しやすいものだと、重要な取引に使いたくても使うことは出来ません。印鑑を使う際は使い分けを常に意識しましょう